が・ん・ば・れ♪ぐるっ仔&ぐるファミリー情報
更新日付 レポート (古い情報は随時削除してますので、質問は掲示板まで ) Home
2012/7/1NFしがらきルーラーシップNFしがらき到着後も馬体には特に異常はみられませんが、宝塚記念の結果も踏まえて角居調教師と協議した結果、凱旋門賞への挑戦はとりやめて、今秋は国内のレースへ向かうことになりました。近日中にNF早来へ移動させて夏休みに入ります。
2012/6/24栗東TCルーラーシップ6/24(日)阪神11R・宝塚記念(GT・芝2200m)にウィリアムズ騎手で出走、馬体重は前走から-2の496sでした。スタートでやや出遅れましたが行き脚をつけて、道中は縦長となった馬群の中団を追走していきました。3〜4コーナーの中間から徐々に追い出しにかかると、大外から前に並びかけるように手応え良く最後の直線を迎えました。直線では前を行っていた1頭を交わしましたが、内をうまくついた勝ち馬に差されてしまいました。最後は2馬身差の2着で入線しています。ジョッキーは「今日はできるだけ前めで競馬をするつもりでしたし、ポジション的には悪くなかったと思います。ただ、スタートで出遅れてしまい、ポジション確保に脚を使ったのも事実で、また終始外々を回らされる形になり、いくらかロスがあったと思います。最後まで良い脚を使ってくれましたが、そういったロスがなければ、もう少し際どい勝負になっていたと思います」とコメントしていました。
2012/7/19NF早来グルヴェイグ体をほぐす意味で軽めの騎乗調教を開始したところ、右前脚の膝裏部分に腫れと熱感の症状がみられました。しばらくは水で冷やしながらケアを施していたのですが、一向に回復の兆しがうかがえないことから、エコー検査を行った結果、患部は屈腱炎を発症していることが判明しました。マーメイドSのレース後の目に見えないダメージが、時間が経過したことで一気に顕在化したものと考えられます。屈腱炎の症状は重度といえるもので、競走馬としての復帰は非常に厳しいものがあると考えられることから、角居調教師とも協議した結果、まことに残念ながら本馬を引退・繁殖入りさせることにいたしました。
2012/6/20NFしがらきグルヴェイグ6/17(日)阪神11R・マーメイドSに出走、馬体重は-4の450sでした。スタートを五分に切ると先行集団のうしろインコースで折り合いました。道中はちょうど馬場のいいところを通ってロスなく運び、直線で追い出してからもしっかりとした脚で伸びてきました。難なく抜け出すと後続に2馬身差の完勝で重賞初制覇を果たしています。通算5勝目で勝ちタイムは1:59.9でした。ウィリアムズ騎手は「前走よりもプレッシャーのきついレースでしたが、前走で馬が成長したのか動じずに走れていました。この馬のよさは指示通りに走れることで、追ってからの反応もよかったです。これなら距離が延びても大丈夫でしょうし、もっと上を目指せる馬だと思います。」とコメントしています。このあと6月20日に放牧に出ました。
2012/6/21NF空港グルーヴィクィーン(イントゥザグルーヴの08)到着後は舎

FC2携帯変換について
->続きを表示
◆ツール
◆設定
▲上へ
このページはFC2携帯変換によってPC向けのページが携帯電話向けに変換されたものです
Powered by FC2